定時で帰れる  5大メリット

MENU

定時で帰れる事で得る「5大メリット」って!?


定時で帰る事には5つの大きなメリットがあります。その5つを紹介しますね!

 

 

 

 

 

制限時間内という枠組みで生産性が上がる


まず人間の意欲について説明すると8時間が限度と言うデータがあります。うまく仕事の定時時間って出来ているものだと思います。

 

 

残業をする事が分かっていて夜遅くまで会社に滞在する事が分かっているとどうしても、仕事のスピードも遅くなります。夜まであるからなどと自分に甘くなりペースダウンするからです。

 

 

 

ここで、8時間のうちにやれるところまでやると決めて仕事をすると、とても効率よく仕事が出来てスムーズでスピードも上昇します。

 

 

少ない時間で生産性を上げる事は残業代を払わなくて済むので会社側にも大きなメリットがあります。
制限時間と言う意識を持つ事で生産性が非常に上がります。

 

定時で帰るのでそれまでにより効率よく仕事をしなくてはと頭の中での段取りもスムーズに進むでしょう。

 

 

定時で帰る事はこのような少ない時間で生産を上げる中身が濃い生産率が高い人を生み出す事も出来るのです。

 

 

 

 

 

習い事や勉学に費やす時間が取れる


習い事をする時間は欲しくても取れないサラリーマンは非常に多いです。
仕事が終わるのが遅いと必然的に習い事に費やす時間が減りますよね。

 

 

 

しかし定時で帰る事が出来れば好きな趣味や好きな習い事、またより仕事を極める為の勉学も出来るのです。
定時で帰る事で、それ以外の時間に費やした成果もまた、仕事に返ってくればこれもまたうれしい限りですよね。

 

 

 

習い事や仕事だけでなく、交友関係を広める事も大切です。
同じ趣向の会社の人間よりも、全くの異分野関係の人間と交流する事で視野が広まります。

 

 

今の仕事を違う角度からも見る事が出来るので交友関係を広める事は自分が楽しいと思えるだけでなく社会的にも役立つスキルになるのです。

 

 

心身ともにリフレッシュが出来る


定時で帰ると言う事は、5時から6時で帰ると言う事です。寝る時間が24時から25時とすると6時間以上が自分の自由な時間になります。
会社ではきちんと会社の仕事をして、終ったら自分の好きな時間を満喫する事が現在の生活のあり方です。

 

 

この時間は自分の趣味に使う事も良いし、ボーと過ごす事も良いと思います。
この時間が有るか無いかでは次の日の仕事のモチベーションが違うのでは?

 

 

 

「仕事を夜遅くまでこなして、家に着くのは寝る時間」となると、起きるとまた仕事に向かうと言う日々。
これでは仕事の為に機械の一部として動いている生活になってしまいますよね。

 

 

 

人間なので、仕事の時はもちろん一生懸命仕事をして、その後の6時間程度の時間は有意義に自分の好きな事に使ってみる事で、仕事でのストレスも発散出来るし、次の日のモチベーションアップにもなります。

 

 

 

 

例え仕事が好きでも、続けて同じ環境にいると人間はストレスを感じます。全く違う環境で違う事をする事も仕事に意欲を持たせる意味で重要な時間になります。

 

 

 

 

健康や美容の為になる


健康の為に仕事帰りにジムトレーニングをする事も、美容の為に睡眠時間を多く取る事も残業が多い会社や仕事では出来ません。

 

 

 

残業を多くする事は健康と美容を損なっていると言えるのです。
仕事帰りのジムは毎日の日課になり、ダイエットの為にもなります。

 

 

 

女性で美容を意識する人は、夜遅いとコンビニ弁当やスーパーの売れ残り惣菜弁当などで済ませる事になりがちで、夜遅くの高カロリー摂取は肥満だけでなく美容にも悪影響になります。

 

 

 

 

定時で帰る事でジム通いの時間も確保でき、睡眠時間も確保できるので健康や美容に繋がると考える事が出来ます。
特に女性においては睡眠時間が少なくなるほど、肌のターンオーバー(古い角質層が削れ新しい角質に生まれ変わる過程)が乱れてガサガサの乾燥肌になってしまいます。

 

 

家族や恋人との時間を多く取る事が出来る


昔の考え方は男性は仕事だけに生きて女性は子育てと家事だけに生きるという考え方がありました。
現在はその考え方や世の中の風潮は無くなりつつあります。

 

 

 

 

男性も仕事は仕事として一生懸命尽くすが早く帰り家族や恋人の時間も重視するという考えが今の日本ではメジャーになりました。
仕事は第二で第一は恋人や家族です。

 

 

 

現在においては昔は人気だった企業の転勤族ですが、仕事の為に生きるのではなくて家族の為に生きるという意識の現在はこの形態は好まれません。若者は転勤をきっかけに退職する人が増えました。

 

 

 

また、最近ではそうした若者の意識の変化から転勤を基本せずに、居住地から通える範囲の転勤しかない地域採用(地域職)と呼ばれる採用方式も出てきました。

 

 

 

総合職に比べて、賞与や昇給に多少遅れがありますがそれでも、地域の若者は地域採用(地域職)を希望する人が絶えません。
女性の希望が多かった地域採用は今では男性のほうが多くの割合で占めています。

 

 

 

 

 

 

 




定時で帰れる事で得る5大メリットって!?チェック!

定時で帰る事は仕事が出来るだけではない!
定時で帰る事が出来る仕事を探している人は必見の情報です。
定時で帰る方法
定時で帰る事が出来る仕事を探している人は必見の情報です。
定時で帰る「Tシャツ」!?
定時で帰る事が出来る仕事を探している人は必見の情報です。
5時で終わる仕事
定時で帰る事が出来る仕事を探している人は必見の情報です。